*All archives* |  *Admin*

8/25
一貫性を持つとはうまくいかないトレードを受け入れることでもあります。
というのも、どんな相場環境にも適応できるという万能の手法は存在せず、得意不得意な場面が必ずあるからです。

手法が機能しない時期はどうしてもロスカットが頻発したりチャンスがなかったりしますが、一貫性を持って臨むならばそのようなうまくいかない時期も受け入れなくてはなりません。
どんな場面でも利益を上げたいと思うとあらゆる手法をその場その場で使い分ければよいと考えますが、そうなると非常に複雑となり迷いが頻発し、とてつもなく難易度が上がります。
複雑で難しい事をするよりは数少ないシンプルな戦略を淡々と繰り返した方が迷いはありません。

あらゆる動きを取ろうとせず自分の手法が得意とする場面だけ取れればよいのです。
そして手法が機能しないドローダウン時期はそれも含めてトレードだと受け入れなくてはなりません。


何か良いと感じていただけたら下のバナー2つの応援クリックをお願いします!


FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
8/24
売買記録をつけてからリスクリワードレシオや勝率などのデータを把握することに夢中になる時期があります。

注意点は、トレードの試行回数が大数の法則が働くまで達しているかどうか。
一概に何回とは言えませんが、最低でも数百回は必要です。
少ない回数でデータを取っても役に立ちません。

もう1つの注意点は一貫したやり方で行ったトレード結果であるかどうか。
毎回勘や気分で仕掛けたり見送ったり判断がバラバラでは期待値が正常に反映されません。

そしてそもそもこのようなデータ取りが役立つのは再生ソフトなどで過去のチャートを見ながら検証する段階です。
というのも実弾トレードを開始する段階では既に自分のルールのリスクリワードレシオや勝率などを把握していなければならないからです。
実際に実弾トレードを開始すると最初のうちはデータ云々よりもルールに従えているかどうかとの戦いになります。
頭ではわかっていても優位性のある行動をするというのは本能が激しく反発するのでなかなかできないものです。
そして連敗が続くと「このやり方じゃやっぱり駄目なんじゃないか」とルールを変えたくなるのです。

しかしトレードの結果は大数の法則が働くまで試行した後のトータルで考えるものであり、途中で投げ出してしまってはダメなのです。
自分のルールを信頼していなければ続けれません。
ですからルールは最終的に自分で検証して作らなくてはならないのです。

「トレードを教えてくれよ」と言われても最終的にはチャートを見て自分で検証してくださいとしか言いようがありません。
これは無責任でもなんでもなく本人のためです。
ダウ理論、テクニカル指標、確率論など、理論的なことをいくら詰め込んでも最終的には自分で期待値を算出し、信頼できるルールを自分で作り上げなければトレードは継続が困難となるのです。


何か良いと感じていただけたら下のバナー2つの応援クリックをお願いします!


FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
8/23
トレードをする上において非常に重要なことが売買の記録をつけておくことです。
感情に流されルール通りにできなかった時など、自分の弱点を後から客観的に振り返るためには必ず売買記録がなくてはなりません。
売買記録をつけずにトレードをやるならば娯楽でギャンブルをやっているのと変わりません。
娯楽ではなく確率を味方にした勝算(トータルでの話)があるギャンブルをしなくてはなりません。

日誌に売買記録をつけて陥りやすい罠はどうしても反省まみれにしてしまうことです。
これは私も散々経験してきました。
ロスカットになったトレードやうまく利食いできなかったトレードなどは何かが悪かったのだと理由を探し、山ほど反省を書き込みました。
しかし、ロスカットは必要経費です。
削減しようとするならばその分勝ちも減らすことを納得しなければなりません。
負けだけを避け勝ちだけを都合よく拾おうとすると先を読まなければならないと考えドツボにハマります。

反省すべきことは、利益になった、損失になった、うまい位置で利食いできた、うまい位置でエントリーできた・・・ということは関係なく、期待値がプラスのルールに感情が邪魔するなどして従えなかったかということです。
うまい位置で利食いできたりエントリーできたとしてもそれはその時その時の結果論に過ぎません。
下手な位置で利食いしてしまったとしても同様です。
常にうまい位置で利食いしたりエントリーしようとしても、それは値動きの先を読まなければならず神業です。
できないことを一生懸命やろうとするのではなく、確率に従うことが大切です。

一貫性のある行動をすれば当然うまくいかない時期もでてくるのですが、それは許容しなければなりません。
うまくいかないトレードを心の底から受け入れたとき、本当に心の重荷が外れます。(ただし期待値がプラスのルールを確立していることが条件です)
結局トレードを苦しいものにしているのは本人の心なのです。


何か良いと感じていただけたら下のバナー2つの応援クリックをお願いします!


FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
8/22
損小利大のトレードとなるとどうしても勝率が低くなります。
初心者の破滅パターンであるコツコツドカンの逆をやるだけで先を当てる必要もなく単純なので私は現在このようなトレードをしていますが、別に期待値がプラスでありさえすれば高勝率のトレードでもよいわけです。

しかし多くのトレーダーは裁量判断で高勝率を目指そうとしているから苦しみます。
冴えていない途端勝率が下がりスランプとなります。
勝率は全部裁量判断や直感次第なのです。
そうではなく、高勝率のトレードをやるならば利益の低さを勝率でカバーしているため裁量判断が冴えていなくても高勝率を維持できなければトータルでプラスにはなりません。
例え全て機械的にエントリーしても高勝率でなくてはなりません。

“先を当てなくてはならない”という思考こそがトレードを超絶難しくしているということはいつも書いています。
機械的にエントリーした場合に高勝率でないルールを裁量判断で高勝率にもっていこうとすると、いつの間にか当てなくてはならないという思考に行きついてしまう可能性があるのです。
ですが結局値動きの先は読みきれるものではなく、そんな方法があればトレーダーはみんな金持ちでなければおかしいのです。
先を当てようとするのは大衆的・凡庸な思考であり、相場では大衆的・凡庸な思考回路を脱却しなくてはなりません。
先を読むのではなく統計・確率に従うのです。


何か良いと感じていただけたら下のバナー2つの応援クリックをお願いします!


FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
「いつかきっと…」という希望は叶わない
相場において、「今はダメでもこのままやり続けていたらいつかきっと報われる…」という希望はまず叶わないと言った方が良いと思います。
相場には相場での思考法というものが必要であって、それは普通の人間の日常生活とかけ離れたものです。
今の凡庸な思考のまま継続していても突然それが身につくことはありえません。

どうすれば身につくのかということを私の経験上から述べると、統計を取り検証し、永遠に勝てる聖杯はありえない、精神的に楽で安全なやり方で勝てることはありえないということを心の底から受け入れ、損失トレードを100%受け入れ、先を読み切ることは絶対に不可能なので確率に従ってトレードするしかないのだと納得することです。
つまり私の場合は、統計を取らず検証しなかったら優位性のある思考は永遠に身につかなかったと確信しています。
永遠に勝ち続ける聖杯を探しているうちも損失トレードを100%受け入れないうちも身につかなかったと言えます。
精神的に楽で安全な方法を探しているうちや、値動きの先を読もうとしているうちも永遠に身につかなかったでしょう。

多くのトレーダーは技術をつければ先を読む精度が上がると勘違いしていたり、メンタルを鍛えなければならないと勘違いしたりしていると思います。
先の値動きはノイズの動きなどを勘案すると非常に複雑でとても読みきれるものではありません。
これは何年経っても同感のままです。
また、感情をコントロールする、精神力を鍛えようとするのは全く持って意味がありません。
鍛えようと思って鍛えることができるものではないというのが結論です。
「またルールを破ってしまった…明日からは頑張ろう」
・・・このような反省をいつまで繰り返すのでしょう?
それは優位性のある“気づき”を得ない限り、永遠です
数年後には自動的に改善されるものではありません。
気づきを得ない限りずっと繰り返し、メンタルを鍛えようと思っても空回りするだけです。

トレードで難しいのは頭で理解しているうちではダメだということでしょう。
先述したようなことも目新しい内容ではないと思います。
確率で考えろとか、聖杯はないんだとか、負けを受け入れるとか・・・
しかし、これらのことを心の底から受け入れる段階に至るまでは本当に時間がかかります。
今のまま惰性のように続けていてはダメだと自分で物事を考え冷静に現状を把握し、データを分析、検証し、今まで考えていた凡庸な思考じゃダメで前提そのものが全く変わらなければダメなんだと気づくのに時間がかかるのです。
そのためには皮肉にも無駄な事(聖杯探しなど)を積み重ねる経験というものが必要なので余計に時間がかかります。
しかし無駄なことをずっと繰り返してもそこから気づきを得ない限りいつまでも報われないのがトレードの厳しいところです。


何か参考になりましたら応援クリックをお願いします



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
8/19
エントリーする前に無くなったもの、もう1つは“迷い”です。
ルールを複雑にして少しでもロスカットを避けようとしていた頃は迷いが頻繁に生じました。
現在は呆れるほどシンプルなルールですので迷いがありません。
そしてロスカットをするからこそ資金を守ることができ、条件を満たしたら全て仕掛けをすることにより勝ちもしっかり引けると考えているのでロスカットを避ける必要がありません。
トレードで毎回迷い、その都度その都度で判断がバラバラだと期待値が正常に反映されません。

トレードで迷わないためには単純なルールが良いです。
シンプルでもイグジットが損小利大ならばトータルで浮くことができます。
すぐ利確して楽になりたい、損小利大かつ高勝率というムシの良いやり方がしたいと考えるので複雑なインジケーターなどをあれこれ使って非常に難しいことをしようとするのですが、行きつく先はシンプルイズベストなのです。


今週は応援クリックをたくさんいただきありがとうございます。
夏枯れ状態から少しは回復しました(笑)
今後も応援クリックをお願いします!


FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
FX、CFD、個別株のスイングトレードをしています。


プロフィールはこちら

ランキングに参加しています。当ブログに訪れて何か良いと感じていただけることが僅かでもあればバナーを2つ応援クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ


FXトレード日記 ブログランキングへ

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
書籍紹介の記事
オススメの無料レポート

『デイトレ攻略の新戦略』
トレード啓発したい方は必見!
(デイトレ生存率向上ブログ提供)

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
リンク
新着記事
検索フォーム
苗木育成
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 2

FXの再生ソフトとしてお勧めします。実弾トレードを開始する前に検証、練習は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。
トレードに役立つ書籍
トレードに限らず人生において役立った書籍やDVD。何度読んでも、観ても良い!
FX業者比較
FX業者紹介の記事はこちら
国内でお勧めのFX業者
現在私が使用している海外業者
NDD方式
ゼロカットシステム採用
海外業者の中ではスプレッドは狭め

※海外口座を開く場合はキャッシュバックサイトを経由した方がお得です。(下のバナーからキャッシュバックサイト経由で口座開設できます)