*All archives* |  *Admin*

当ブログを初訪問された方へ
なぜ儲かっている人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけ相場の本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
相場が死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
私の散々苦しんだ体験談を元にこれらを脱却するきっかけとなった内容をブログに書いています。
精巧な相場分析・予測や、確実に勝てるノウハウが知りたいという方は残念ながら当ブログでは役に立てません。
値動きを読むことなど不可能で、相場において確実なことなど無いんじゃないかとうっすらでも気づき始めた方はまずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が変わるかもしれません。
9/20
私は料理が大好きで毎日作っています。
少し前にクックパットのレシピも3つめを投稿してみました。
私は創作料理が苦手で王道を行くオーソドックスな料理が好きです。
独創的な料理方法があまり思い浮かばないのでクックパットの投稿もまだたった3つと進んでいません(笑)

料理でいつも難しいと思うのは好みが全然合わない人に美味しいと思ってもらえる料理を作ることです。
というのも私と嫁さんの味の好みが正反対で全然違うのです。

私…素材を殺さず素材の持ち味本位、上品な味付けが好き、甘いものは苦手、洋食よりも和食と中華とエスニックが好き
嫁さんの好み…甘いもの、ジャンキーな味付け、味が濃い漬物、コンビニ弁当、グラタンやピザなど洋食

食事の好みが合わないと自分はおいしいと感じたものが相手は満足せず、自分がたいしてうまくないと思ったものが相手は気に入ったりとちぐはぐです。
まあこれは仕方ないので色々試行錯誤・工夫しながらやっていきたいと思います。

ところでどんな相手も満足させる料理というものは無理な話です。
私は以前6年半ほど老舗のラーメン屋に勤めていたことがありますが、当然そこのラーメンが嫌いだという人がいます。
味の好みはバラバラなので万人に合うという味はありません。
だからといってどんな相手も満足させよう、クレームをなくそうと考えだすと結局自分がどんな料理を出したいのかの根本がぶれてワケがわからなくなります。

トレードで負けトレードを限りなく避けようとするのもこれと同じです。
極力負けない方法、どんな相場環境でも通用する手法というのは無理なのです。
味の好みの話は納得できてもなぜか相場の事となると心底理解するまでに膨大な時間がかかります。
「聖杯は無い」と頭ではわかっていても実際やっていることは負けを極力避け確実に勝ちたいと考えていませんでしょうか?
このような症状にかかっているのならば万人に通用する味を求めるのと同じことなのです。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
9/19
ロスカットばかり続き嫌になり、しばらくトレードを休もうとした矢先に大きい変動があり利益を取り逃す。
経験があるのではないでしょうか?
ホント、やめた途端に思惑方向に大きく動きますよね(笑)

トレードはとにかく粛々と執行し続けることが重要で、ルールに従い続ける必要があります。
気分で休んではいけないのです。
もちろんサインが出ないのならばトレードをする必要は無いのですが、サインが出続ける限り従わなくてはなりません。
でないと期待値に収束されない可能性が出てきます。
特に私のような低勝率のシステムをベースにしているトレーダーは極稀にやってくる大きな波を取り逃すと目も当てられません。
ですから何連敗しようがマシーンのように続けるのです。
ルールのサインが出る限り「休むも相場」はありません。

ただしこれは期待値が正のルールを構築していることが条件であり、構築していなければどれだけ続けようが負けがかさむだけです。
ですから統計を取り検証していないのならば実弾トレードをする段階に至っていないのです。
「裁量判断が当たれば期待値が正となるルール」というのは再現性がありません。
私は最初からいきなり裁量トレードを始めてしまいましたが、まさにこれに当てはまりました。
このブログで耳が痛くなるほどしつこく書いていますが、相場を当て続けることは無理なのです。
当てなくては勝てないルールはどれだけ練習しようが一向に勝てるようになりません。
まずはシステムを作る必要があり、裁量判断は応用の段階なのです。
期待値が正という裏付けがあり、理解していれば連敗しようが想定の範囲なので個々の負けトレードを反省したり悔んだりせず継続することができます。
もちろん言うは易しで実際はつい余計なことをしてしまうのですが、それでも当てなくては勝てない裁量トレード(山勘トレード)をやるよりは余程継続しやすくなるとは思います。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
手仕舞い込みで考えるのが重要な理由
例えば上がる確率55%のところで買えば、負け45%との差である10%により利益を出すことができる…初心者の頃はこう考えていました。
しかしこの考え方は全く現実的ではありません。
そもそも上がる、下がるというのが曖昧です。
いくら仕掛けをした後上がっても利食いにヒットせずに再び下落し損切りにかかってしまうこともあります。
つまりどこで手仕舞うかという事により確率は全く変わってくるのです。
手仕舞い込みで考えなくてはならないのです。

仕掛けをした後指値の利食い幅と逆指値の損切り幅を1:1に設定した場合、数をこなせば勝つ可能性は50%に収束されそうに思えますが、現実はスプレッドにより勝率は50%以下でマイナスとなってしまいます。
利食い幅を損切り幅に対して大きくすればするほど勝率は低くなり、その逆ならば勝率は高くなります。
では勝率55%になるようにするにはどうしたらよいか?
必然的に個々のトレードの損益比率は利益<損失となってしまいます。
勝率55%で損益比率が利益=損失などという聖杯はありません。

ならば手法が機能しやすい相場環境だけ仕掛けをすれば勝率55%で利益>損失を狙えるのではないか?
こう考えるのですが、実際はうまくいきません。
事前に勝つか負けるかなどという事はわからないからです。
「そんなはずはない!支持線や抵抗線、時間、オシレーターなどを勘案すればできるはずだ!」と思うかもしれません。
それで勝ち続けることができるのならそれで大いに構わないのですが、私はどれだけ様々な要素を組み合わせてもわからないものは結局わからず、ルールを複雑化させ判断に迷いを生じさせ、更にフィルター過剰により確率を働かせるための試行回数を減らすだけだという結論に至りました。

以前はひたすら高勝率を求めていましたが、一貫したトレードを行う以上高勝率では個々のトレードの利益は損失よりも小さくせねばなりません。
高勝率かつ損小利大を狙うには値動きを当てる精度が高くなくてはなりませんが、値動きを当て続けることは無理なのです

大切なのは勝率ではなく期待値なのです。
例えばチャートを見ると価格は波を描くように上下することが多いです。
この波の天井・底付近を捉えれば大きな利益を取れると考え、価格の天井や底、つまり価格が反転する確率を求めようとしますが、これは実用的ではありません。
価格が反転する確率を求めても手仕舞いが考慮されていないため期待値が不明だからです。
別に天井や底付近を狙うのは良いのですが、必ず手仕舞い込みの期待値を把握しなければなりません。

手仕舞い込みで統計を取らねば実践では使えないのです。
いくら価格の波が反転しやすい局面で仕掛け続けても利食いは小さく、損切りは大きくしていてはトータルで勝てません。
また、いつも書いていることですが試行回数が少ないルールでは確率が働くまでの期間も長くなります。
数回、数十回で勝てないことがあるのは当たり前であり、数百数千とこなして初めてトータルで勝っていれば良いのです。
期待値がプラスであるという裏付け、期待値に収束されるまでの試行回数。これが必須なのです。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
9/14
含み損になりナンピンを繰り返し結果助かって味を占める。
これは仮に含み損が帳消しになっても悪い例だという事は周知の事実です。
なぜならば一度の負けで全てを吹き飛ばす可能性があり、損切りを設けずナンピンを繰り返すことを長く繰り返せば期待値がマイナスである可能性が極めて高いからです。

上記の事はよくわかっていましたが、「トレードを見送ってそれがロスカットを回避したから味を占める」となっていることには気づきませんでした。
ポジポジ病を克服しある程度トレードの経験を積むとトレードを躊躇するようになります。
できれば損失は避けたいと考えるからです。
そしてトレードを見送った結果それがもしエントリーしていたらロスカットになったと知ると、次回も同じように見送る癖がつきます。
しかし、負けトレードだけを首尾よく回避することなど不可能な話であり、結果大きな勝ちも見逃すことになるのです。
そしてトータルで勝つことができなくなる、もしくは確率が働くまでに莫大な時間がかかるようになり途中で挫折したり手法を変えてしまったりします。

損失を避けようとすることはすなわちリスクを避けるという事です。
しかしリスクを取るからリターンが生まれます。
トレードとはリスクをとる行為であり、リスクを避け都合よくリターンだけ欲しいというのはムシの良い話ですし予知能力がない限り不可能です。
負けをできるだけ見送りたいと考えるのではなく、負けを100%受け入れその中から勝ちを拾うという発想にしなくてはなりません。
「負けトレード=失敗、反省」という思考では“リスクを取る”という行動をいつまで経っても心底理解することはできません。

また、確率を働かせるには非常に数多くの試行回数が必要であり、フィルターなどで極度に減らすと確率が働くまでに10年20年の歳月がかかってしまうことになりかねません。
ですからフィルターを駆使して回転率を下げることは一見賢そうに見えても確率でトレードする上において不利となります。(10年20年どれだけ連敗やドローダウンが続こうが絶対に同じやり方を継続していく自信があるなら別ですが…)
私は日中場に張り付くトレードするスタイルではないのでデイトレに比べるとどうしても試行回数が少ないですが数多くの金融商品を対象にすることで試行回数をカバーしています。
以前日経先物miniだけをやっていた時期がありますが1つの金融商品にこだわるのは一見賢そうに見えてやはり非常に不利であると気付いたからです。

今日書いた内容は全くの初心者を抜け出しある程度規律の重要性を理解した頃にハマりやすい(というか私がそうだった)ケースに陥った方に向けて書いたつもりです。
トレードは初心者を抜け出してから一線を超えるまでに時間がかなりかかります。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
トレードの練習・訓練はルールが厳密に定まってから開始する
練習・訓練というのはルールが固まってからであり、練習しながらルールを構築しようとしてもいつまで経っても決まりません
練習とはデモトレや再生ソフトでの仮想売買および実弾トレードも含まれます。
練習しながら上達していこうと考えるのは愚行と考えています。
ルールが固まっておらず1回1回のトレード結果に固執しあれこれ調整すればするほどドツボにハマります。

まず統計を取り、再生ソフトの過去チャートなどで様々な条件(仕掛けと手仕舞い)の売買の結果のデータを大量に集めます。
そこから試行錯誤し期待値が正のルールを決めます。
それから少額の投下資金で練習を始めます。
これが理想と考えるプロセスです。(当然私は最初理想通りのプロセスはまるで歩んでいませんが、それも貴重な経験です)
ちなみにこの段階で既にルールは決まっているのでデモ口座のデモトレはあまり意味がありません。
少額でもいいので身銭を切る心理的負担を味合わなくては自分の感情がトレードに及ぼす影響を理解できません。

しかし、多くのトレーダーは順序が逆でルールが漠然としか決まっていない状態でデモトレなり実弾トレードをして、そこからルールを作ろうとします。
なぜこれがいけないのかというと、少数の結果に固執してルールをいじってしまうからです。
いつも書いていますが確率と言うのは数百回数千回と大量に数をこなして初めて機能します。
それを「ここはロスカットになってしまった。次回からこういう箇所は見送るべきだろうか?」とか、「仕掛けるか迷っていたら思惑通りの方向に走り置いて行かれた。次からはしっかり仕掛けるべきだ」などといちいち反省しルールを修正することは実に無意味です。
このような反省をして次に生かそうとしても結局見送った時に限って思惑方向に行き、勇気をもって仕掛けをしたときに限ってロスカットになり、また負のスパイラルに陥るのがオチです。

1回1回の結果はどうでもよいのです。
ですから練習しながらルールを固めていこうとしても個々の結果に振り回され、そのままでは一生勝てるようになりません。
人間はどうしても目先の結果にとらわれてしまいます。
トータルで考えるという習慣が日常に無いのです。

まずはルールを厳密に構築してから初めて練習するという土台に立つことができます
ルールが漠然としていたり、期待値が正であるという統計の裏付けがなければ練習以前の問題なのです。
仮決定でもいいので期待値が正のルールをなんでもいいので決める。後からアイデアがあれば修正すればいいのです。
しかし期待値が正のルールが決まっていないのに個々の結果からルールを修正し続けるのは抜け出せない迷宮に迷い込むだけです。


何か良いと感じていただければ下のバナー2つの応援クリックをお願いします!



FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

ランキングに参加しています。当ブログに訪れて何か良いと感じていただけることが僅かでもあればバナーを2つ応援クリックしていただけると嬉しいです♪


FXトレード日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

当サイトはリンクフリーです。

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
書籍紹介の記事
オススメの無料レポート

『デイトレ攻略の新戦略』
トレード啓発したい方は必見!
(デイトレ生存率向上ブログ提供)

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
リンク
メールフォーム
メールをいただいても個別に返信するということは原則いたしませんのでご了承ください。記事で紹介させていただくことはあります。

名前:
メール:
件名:
本文:

新着記事
検索フォーム
苗木育成
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
トレードに役立つ書籍
トレードに限らず人生において役立った書籍やDVD。何度読んでも、観ても良い!